読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不飲生活

アルコール依存症家系に育ち、自分も診断された後に断酒を続けています。お酒、その他依存に関する事をかきつらねます。

【スポンサーリンク】

お酒との出会い。初めてのブラックアウトを経験。

断酒に至るまで

初めてお酒を飲んだのは大学入学する前に、高校の同級生皆で行った旅行の時でした。

その時は確か、缶チューハイをたくさん・・・と行っても3杯くらいです。

それでも私はぐでんぐでんに酔っぱらい翌朝は人生初の二日酔いに襲われ本当につらかった事を思い出します。

幸いにもその時はブラックアウトなるものは経験していません。

 

そして大学に入学しました。

大学生になって初めてブラックアウトを経験します。

当時の周りの風潮ではお酒を飲んで記憶がないというのは普通の事というか・・・

それなりの量を皆で浴びるほど飲んで騒いでという飲み会が普通でしたので、特に危機感は感じませんでいた。(今思うと全く普通じゃありません。)

大体週3回くらいは大量にお酒を皆で飲んでいたと思います。

もちろん二日酔いで授業に行けなかったり、人に迷惑をかけたり

色々ありましたが当時はそんな生活になんの疑問も抱かなかったのです。

若いうちは皆こんなものだと、思い込んでいたのです。

また、当時はアルコール依存などの知識は一ミリも持っていなく

飲みたい時に飲んで騒いで、飲みたくなければ辞めればいいと思っていました。