不飲生活

アルコール依存症家系に育ち、自分も診断された後に断酒を続けています。お酒、その他依存に関する事をかきつらねます。

【スポンサーリンク】

単に酒癖の悪い家系で済まされる??

私の父方の家系は非常に酒癖の悪い人が多かったです。
親戚の集まりでは必ずお酒が大量に準備されていて、大人達は昼間から夜まで飲み続けていた記憶があります。

世の中には酔ってちょっと怪我をしたとか、笑い事にしている人もいますが
私の祖母はアルコール依存によるそううつ病を発症、結果酔ってホームから落ち脳挫傷のため障害を負って数年後亡くなりました。

当時は周囲も本人も、祖母がアルコール依存とは認めていませんでした。
今思えば飲めば毎回記憶がなく、料理中も冷蔵庫に作り置きしていたウーロンハイを飲み続けていた祖母はどう考えても依存症です。

それでもホームから落ちた時は、親戚中皆原因は躁鬱病にある、と捉えられていました。

躁鬱病でハイになりすぎて、お酒を飲みすぎた。それで怪我をしたという思考です。

けどどう考えても、
依存症が原因で躁鬱病を発症。依存症が原因で怪我をした。
ですよね。
(アルコール依存とうつ病等の精神疾患は切っても切れない間柄だと思います)

なぜ、周りの誰もがお酒を擁護?し続けるのか・・
アルコールが原因で祖母が亡くなり父も亡くなっているというのに。

百歩譲ってアルコール依存症に関する知識がない故に
父や祖母がアルコール依存症である事を認めず、酒を擁護している事は分かります。

ですが、なぜ親戚中揃って誰も本当の事を知ろうとしないのか。
まるで臭いもの(アルコールの害)に蓋をして、良い部分だけを過大に肯定している
社会の縮図のような気がしてなりません。




そういった嫌悪感もあり、諸事情の為現在では全く父方の親戚とは付き合いをしていません。
ブログをへ書き出してみると
なんだか私の人生はお酒とは切っても切れない関係にあった気がします。





  
アルコール依存症 - メンタルヘルスブログ村


禁酒・断酒 - 酒ブログ村


↑↑↑良かったらランキングぽちっとお願いします。

広告を非表示にする