不飲生活

アルコール依存症家系に育ち、自分も診断された後に断酒を続けています。お酒、その他依存に関する事をかきつらねます。

【スポンサーリンク】

休日は昼間から飲むようになっていた

前回の記事でも書いたアルコールの滑り台ですが、私の中でものすごく角度が急傾斜になっていたと思われる時期があります。

 

2度目のスリップを起こしてから、自棄になり飲み続けていた間の昨年の春あたりでしょうか。

ひとつは、外での一人飲みがはじまった事です。

私はそれまで友人と外で飲む事はあっても、一人で飲んだ事はありませんでした。

ですが、近所に一人飲み専用の居酒屋?のようなお店があったのですが

そこに通うようになってしまったのです。

 

大概、外で夕方あたりから参加した飲み会で皆は終電で帰ってしまうので

一人飲みたりない私は地元の駅に戻ったあとその居酒屋へ行くという流れです。

それまでは終電後に付き合ってくれる友人を探したりもしましたが、

もはやそういった事もしなくなっていました。

お酒を飲み続けるためだったら手段を選ばなくなったのです。

 

その度にブラックアウトを起こしました。

朝起きたら自宅にはいるものの、記憶が全くなく財布の中のお金は使いはたしている様子でした。

友人と飲んでいた時と違うのは、昨晩何があったのか聞ける人がいないという事です。今思えばなんとも恐ろしい・・・

 

この変化はよりたくさんのお酒を飲むきっかけとなりました。

なんせ深酒に付き合ってくれる友人を探す事なく、自宅でない為家族の目も盗んで、お金さえ払えば好きなだけお酒を飲めるのですから。

 

ふたつめは、昼間から飲むようになってしまった事です。

例えば友人と外で食事の待ち合わせをしていて30分程時間が余ったとします。

そういった時、普通の発想だとカフェでお茶でもして時間をつぶすと思うのですが私はレストラン等に入ってお酒を飲むのです。

また、何も予定がない休日ビールを買ってきて昼間から飲む事もありました。

最初は2本だけと思って飲む終わると、さらに飲みたくなり料理用のワインをこっそり部屋に持ち込んで飲んだりし結局は記憶がなくなるまで飲んでしまうのです。

もっとも恐ろしい事にブラックアウトしている間にネットでSNSをしていたみたく、翌朝記憶のないメッセージや投稿がちらほら・・・

 

当たり前ですが、この事もよりたくさん飲むには絶好の機会です。

これまでは大量飲酒できるのが金曜・土曜の夜だけでしたが、

日曜日も飲めるようになったのです。

なぜなら昼間から飲めば夜には潰れるので、翌朝の出社にはさほど影響がないので。

 

 

懺悔だと思って書いてみました。

この状況が続いていたら、きっと連続山形飲酒が近い将来起きていた事でしょう。

そうともなったら家族を巻き込み入院→職を失うの一途だったと思います。

 

アルコール依存症は不可逆の病気という言葉が、今では身に染みます。

 

周囲が、「この人、アル中?」と思うタイミングでは時すでに遅しなのです。

 

 

自分の飲酒に問題があると感じていて、辞めなければなぁと考えている方がいらっしゃるのであれば一刻も早いタイミングをお勧めします。

周囲に止められるような状態になってからでは、もう自分の力では滑り台を降りれないかもしれません。

 

アルコール依存症 - メンタルヘルスブログ村


禁酒・断酒 - 酒ブログ村


↑↑↑良かったらランキングぽちっとお願いします。

 

 

広告を非表示にする