不飲生活

アルコール依存症家系に育ち、自分も診断された後に断酒を続けています。お酒、その他依存に関する事をかきつらねます。

【スポンサーリンク】

「あなたがアルコール依存症なら、世の中皆アルコール依存症だ」

病院で診断をされて、抗酒剤を飲んでいた頃一部のとても親しい友人には自分はもうお酒を飲めないと打ち明けました。

まだ23才でしたので、全てを話すには気恥ずかしく思い(ありのまま全て話す必要もないとも思っていました)

皆、知っているとは思うが自分の飲みかたは異常である。もうこれ以上お酒を飲みたくないのでお酒を飲めなくなるような薬を病院で処方してもらっている。アルコール依存症かもしれない。

という、濁した話をしました。

 

「一生飲まないの!?あなたは単に飲み過ぎなだけなんだから、量を抑えれば良いだけよ。」

 

と、当然のごとく返されます。そりゃそうです。

20代前半の女の子ですから、まさか友人がアルコール依存症だなんて考える訳もないし、これからの長い人生一杯もお酒を飲めないなんて信じられないのは当たり前です。

逆の立場で、(家族親戚にアルコール依存症の人がいない普通に家庭で育っていたら)100%同じ事を言うと思います。

 

「それに、あなたがアルコール依存症なら、皆アルコール依存症だ」

 

とも、言われました。

確かに、いわゆる「酒癖の悪い」友人はたくさんいます。

酔って記憶を無くし、軽い怪我をした友人とか。自宅にビールを常に常備していている友人とか。

 

この一言はなんだか考えさせられました。

周囲から見たら、私はただの「酒癖の悪い」人です。飲めばいつも記憶がなく、泥酔している。

けど、確かに周りにもちらほら、お酒が好きで飲んでたまに記憶を無くしては問題を起こしてる友人はいます。

 

 

 

アルコール依存症の線引きは本当に難しいと思います。

その事が、またこの病気を野放しにしてしまう最大の要因でもあると思います。

熱が出たり、咳が出たり、目に見えてすぐ分かる症状がないので本人の気づかないうちにじわりじわりとアルコールに体を蝕われ、滑り台の底へと引きづりこまれるのです。

 

もしかしたら友人の言っている事は誇大でもなく、事実なんじゃないかな?

 

まあ、そこで私が「その通りだよ!」と返したところで笑われるだけでしょう。

何度もしつこく書いていますが、世の中のアルコール依存に関する知識などその程度なのですから。

 

アルコール依存症 - メンタルヘルスブログ村


禁酒・断酒 - 酒ブログ村


↑↑↑良かったらランキングぽちっとお願いします。