読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不飲生活

アルコール依存症家系に育ち、自分も診断された後に断酒を続けています。お酒、その他依存に関する事をかきつらねます。

【スポンサーリンク】

お酒をやめて100日

お酒を辞めて、今日で100日目です。

 

最近はもう、日にちを数える事に意義も感じなくなってきました。。

(一生飲みたくないので)

 

お酒を辞めて良かった事ベスト3にまとめてみました。

 

3位 「お金が溜まる」

確実に無駄な出費が減りました。

外食した時のお酒代、無駄な2次会代、タクシー代

に加えて

二日酔い対策用のソルマック(以外と値段するんですよね・・)

お酒のニオイをごまかす為のブレスケア代(これも以外と高い)

 

飲んでた頃に加えて、お財布に余裕が出来ました。

これは本当にありがたい事です。

 

2位 「時間が出来た」

今まで、休前日の夜はお酒を飲みまくってた為

もう夜中あたりから記憶がありません。

かろうじて記憶があったとしても、酔っているので何も出来ないですし。

それが、夕飯を食べた後にすごく時間が有り余るようになりました。

そこで最近始めたことは、「ウォーキング」「読書」「半身浴」です。

 

どれも美容にも健康にも良い!

私にとって非常に貴重な時間です。

お酒を飲んでも出来なかったストレス解消が、最近では出来るようになりました。

幸せな時間です。

 

1位「人間関係の安定」

これはダントツの1位です。

お金にも時間にも変えられない、大切な事です。

 

普通の人にとっては当たり前の事かもしれませんが、なんといっても記憶が全部あるので会話を全て覚えているし

酔った勢いで信頼を失うような発言も、もちろんありません。

また、酔って醜態をさらす事もないのでへりくだる態度を取る必要もないし

堂々と自信を取り戻す事が出来ました。

 

また、人間関係を見直すきっかけにもなりました。

今までお酒を飲んで酔っ払ってわけもわからず色んな人と時間を過ごしていたけれど、

お酒を辞めて人と付き合う事で誰が自分にとって尊敬出来る友達か、プラスになる友達かすごくよく分かるようになりました。

残念だけどお酒無しで一緒にいて楽しくないような相手は、本当の友達ではなかったのだと思います。

 

 

 

 

 

以上が、私のお酒を辞めて良かった事ベスト3です。

 

ところで、この100日間私はお酒を飲まないという日を積み重ねて過ごしてきました。

昔と変わらず飲み続けてる日々を同じ100日間積み重ねていたら、どんな今日を私は過ごしていたでしょうか。

 

人生において大きな選択を迫られる場面はたくさんあると思います。

今日飲むか飲まないか、この一杯を飲むか飲まないかなんてほんの小さな選択だと思います。

だけどその小さな選択の積み重ねが、確実に自分の未来へと繋がっていると思うんです。

 

これからも飲まない選択を積み重ね、幸せな未来を作り上げていきたいと思います!