読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不飲生活

アルコール依存症家系に育ち、自分も診断された後に断酒を続けています。お酒、その他依存に関する事をかきつらねます。

【スポンサーリンク】

お酒さえ飲まなきゃすべて解決するのにと思うとき。

やっぱりお酒が嫌い

最近心底思う事。本当~にお酒が嫌い!好き好んで大量飲酒してた私が一体何を・・・

という話ですが。現在、私自身は今お酒をすっぱりと断って、何の害も受けず生活しています。しかし、周囲との会話や、街中を歩いてる時に「あぁ、お酒さえ飲まなきゃ(無ければ)すべて解決するのに。」って思う事が多々あります。

 

街で泥酔者を見かけたとき

無論1番多いパターンは帰りがけに泥酔者を発見した時です。ホームにもたれかかって頭をうなだれているサラリーマン(あと3センチ身を乗り出していたら電車に頭強打の瞬間でした)土下座スタイルで吐いているサラリーマン。大股開きで駅前に座っているOL(それも道路に)。道路で大げさに吐いて吐いて警察官のお世話になっているサラリーマン。なんと情けない、もちろん私もそのうちの一人でした。なのでとっても複雑な気持ちになります。一概に、嫌悪感という感情だけではありません。この人明日めっちゃ後悔するんだろうなぁ・・・。最初からこんな泥酔する予定じゃなかったんだろうな・・・。きっと家に帰ったら家族とか恋人がいて、関係にひびが入って・・・。色々想像してしまいます。お酒なんか飲まなければ(無ければ)誰もこんな事にはならないのに。

 

離婚原因「パートナーの過剰な飲酒」

最近シングルマザーの実情を描いた書籍を読んだのですが、2013年の離婚原因のうち全体の7パーセントが「パートナーの過剰な飲酒」でした。かくいう私の両親もそうですが。お酒なんか飲まなければ(無ければ)離婚なんかしないで済むのに。この事に関してはなんだかもう、何も言う気にすらなりません。パートナーよりもお酒を選ぶ・・・。お酒がそうさせているのか、本人が望んで飲んでいるのか。

 

最後に、最もくだらない話ではありますが。最近の友人との会話。なぜ、男性の中には彼女がいても結婚しても合コンやらキャバクラやらに積極的に参加する種類の人たちが存在するか。結論:男だけで飲んでいるよりも、女の子と飲んだ方が楽しいからではないか。納得しました(笑)もちろん人それぞれ色々な理由はあるとは思いますが。飲酒をしていた頃の私が男性だったとしたら・・・確かにこの気持ち分かります。お酒なんかなければ、家庭円満な家族がこの世の中にどれだけ増えることやら。

 

 本当に・・・皆お酒なんて飲まなきゃいいのに!

 もっとも、一番言いたい相手は過去の私です。タイムスリップできたら一言「酒なんて飲まなきゃいいのに・・・」言ってやりたいです。現実社会では言ったら敵に回す人が多すぎるので、ブログでぼやいてみました。断酒5か月のひよっこが偉そうに心の叫びを書き綴ってみました。

 

 

アルコール依存症 - メンタルヘルスブログ村


禁酒・断酒 - 酒ブログ村


↑↑↑良かったらランキングぽちっとお願いします