読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不飲生活

アルコール依存症家系に育ち、自分も診断された後に断酒を続けています。お酒、その他依存に関する事をかきつらねます。

【スポンサーリンク】

勝負に勝つには敵を知ること。①お酒=薬物

勝負に勝つには、まず敵を知ることから。

お酒を辞めようと思ったら、まずはお酒について知ることから始めましょう。

 

お酒について知る

①お酒=薬物

②お酒の値段の内訳。

③お酒=楽しい?

④お酒=喉を潤すもの

 

今日は”①お酒=薬物”についてお話しようと思います。

 

誰もが疑いもなく、20才を迎えたら飲むもの。

冠婚葬祭の場で当たり前のように振る舞われるもの。

合コン、同窓会、女子会で当たり前のように飲むもの。

TVの画面で、人気タレントがお洒落に飲んでいるもの。

 

それが世間の思うお酒です。

 

でもそんな人気者:「お酒」の正体とは一体・・・

 

日本では、アルコールを1%以上含む飲料のことを「お酒」といいます。アルコールにはエタノールエチルアルコール)、メタノールメチルアルコール)、プロパノール(プロピルアルコール)などがありますが、一般的にお酒として飲まれるのはエタノール(日本語の名称では、「酒精」ともいいます)です。エタノールは体内に入ると、酵素の働きにより、最終的に水と二酸化炭素に分解されて、汗や尿、呼気から排出されます。

アサヒビールHPより引用

 

アルコールを1%以上含む飲料=「お酒」

ということは、アルコールが1%でも入っていない飲み物は「お酒」じゃありません。

(当たり前ですね、ごめんなさい)

 

あくまでも「お酒」とはアルコールありきの飲み物なのです。

甘くて美味しいと思うお酒は、アルコールの入っていないジュースなどで割っているから甘くて美味しいのです。

 

では、「アルコール」とは一体なんでしょう。

下記図は薬物の依存度を表した一覧表です。

全日本民医連 | 特集2 広がる大麻 周囲を巻きこみ“地獄を見る”可能性がより引用

 

ぱっと見ても分かるようにアルコールはコカイン・大麻よりも身体依存性が強く

大麻と同等の精神依存性がある立派な薬物なのです。

 

薬物界ではなかなかの有名人のようです。

 

 

 

何回も言いますが、お酒(アルコール)は薬物です。

 

週末だけでも、飲んでいる限り依存症になる可能性は決して0ではありません。

適量の薬物など存在しないように、適量のアルコール摂取など存在しません。

 

ここをしっかりと腹落ちさせることが今後お酒を辞め続けていく上での

大切な鍵となります。

 

なぜならば、お酒=薬物という認識をしっかりとしておかなければ、

周囲の飲酒している人を羨ましく思ってしまうからです。

そんな状況はあまりにも辛すぎます。

(※現に私もスリップした時の”禁酒”は常に周囲を羨ましく思っていました。)

 

お酒を辞める為には、まず第一歩としてこの事実を受け入れ下さい。

 

②~④についてはまた後日更新します!

 

アルコール依存症 - メンタルヘルスブログ村


禁酒・断酒 - 酒ブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする