読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不飲生活

アルコール依存症家系に育ち、自分も診断された後に断酒を続けています。お酒、その他依存に関する事をかきつらねます。

【スポンサーリンク】

明け方まで飲んで、二日酔いのまま出社していた話

飲酒していた頃の失敗話

今日会社へ向かう途中で、ちらっと二日酔いの話題が聞こえました。

 

今となっては「二日酔い」とても懐かしいワードです・・・。

何度この二日酔いに苦しまされた事か・・・。

 

休みの日ならまだましなのですが、

会社がある日だと本当~に辛いんですよね。

 

私の場合外でブラックアウトするまで飲酒→夜中(明け方)タクシーで帰宅というパターンが主流だったので

まず、朝起きてお風呂も入ってなけりゃ睡眠時間も2~3時間程度。

何が何だか分からぬまま大急ぎでお風呂に入って身支度をすませる。

もちろん、朝食なんて食べられる状態でないしそんな時間もありません。

会社へ向かいながら昨晩一緒に飲んでた人へ謝罪と確認の連絡・・・

大概12時くらいまでお酒が抜けないので、フラフラの頭のまま仕事をし(というかデスクに座り)

やっとお酒が抜けてきたことは猛烈な気持ち悪さに襲われます。

ただただ、家に帰る事だけを待ち望みながら仕事をこなす1日。

家に変えれば、前日酔って帰ったため家族は怒っているし眠いし早めに就寝してしまいます。

そしてその翌朝やっと・・・!通常の日常へと戻るんですよね。

 

いったい私はこれで何日ムダに過ごしたことか。

 

健康な人も病気の人も、誰もが24時間平等にあたられており

その使い方で人生が決まるという言葉がありますよね。

 

本当に今となっては身に染みる言葉です。

お酒を飲んで酩酊して、次の日も二日酔いで1日を無駄にしていたことがどんなにもったいないか・・・

 

禁酒セラピーにも書いてあるように、

お酒の辛い思いでや失敗を見てお酒を辞めるという方法はあまり好きではないのですが

※交通事故を見た後に速度を一瞬落として、また忘れたころにスピードを上げてしまうのと同じで、そういった辞め方はスリップしやすいと書かれています。

 

たまには辛い二日酔いの思い出を書き出してみようと思いました。

あぁ、ソルマック代とかも本当ムダだったなぁ。。