不飲生活

アルコール依存症家系に育ち、自分も診断された後に断酒を続けています。お酒、その他依存に関する事をかきつらねます。

【スポンサーリンク】

書評:「ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉」ゆでガエルにならないためにはどう行動すべきか

前回の記事に書いたように、私はずばりキャリアチェンジについて悩んでいます。

なので、働き方に関する様々な本を読んでいるのですが・・・

その中でも一番良かった一冊の本をご紹介します。

 

 

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

 

*下流民か、自由民か。地球規模で人生は二極分化する*

2025年、私たちはどんなふうに働いているだろうか?
ロンドン・ビジネススクールを中心とした、「働き方コンソーシアム」による、
世界規模の研究が生々しく描き出す2025年のに働く人の日常。
「漫然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、
「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。
どちらの人生になるかは、〈ワーク・シフト〉できるか否かにかかっている。

働き方が変わる! 〈5つのトレンド〉
●テクノロジーの発展
グローバル化
●人口構成の変化と長寿化
●個人、家族、社会の変化
●エネルギーと環境問題

働き方を変える! 〈3つのシフト〉
●ゼネラリスト→連続スペシャリスト
●孤独な競争→みんなでイノベーション
●金儲けと消費→価値ある経験

「食えるだけの仕事」から意味を感じる仕事へ、
忙しいだけの仕事から価値ある経験としての仕事へ、
勝つための仕事からともに生きるための仕事へ。
覚悟を持って選べば、未来は変えられる。

 

amazonより概要を引用させて頂きました。

 

「ゆでガエル」にならないために

『2匹のカエルを用意し、一方は熱湯に入れ、もう一方は緩やかに昇温する冷水に入れる。すると、前者は直ちに飛び跳ね脱出・生存するのに対し、後者は水温の上昇を知覚できずに死亡する』

このゆでガエルのたとえ話をご存じでしょうか。

 

今後世界に訪れるであろう5つのトレンドに立ち向かっていくために、ゆでガエルにならない為にはどう行動すべきか”ワーク・シフト”「働き方のシフト」を説いています。

 

企業に依存した生き方よりも、必要とされる自分の能力を磨いていく。

ゼネラリストよりもスペシャルト。それもただのスペシャリストではなく、常に成長やシフトを繰り返す連続スペシャリストを目指す。

いかに金を稼ぎ、いかに大量消費するかに価値を置く生き方よりも仕事そのものでの経験に価値を置く生き方へ。

といった、「働き方のシフト」を提示しています。

 

この本から学んだ事

まずひとつめは5つのトレンドにより、働き方が変わる=今後なくなる仕事が多く存在するという点です。(あくまで予測ですが)

例えば電話のオペレーターなどは人工知能の発達により人間である必要がなくなる。(企業の受付や、秘書も人工知能で補えるとの予測です)

また、エネルギーと環境問題ーたとえば炭素税が実現する事により在宅勤務が増えるーなど働き方がとても多様なものになるとも考えられています。

グローバル化が進むことにより先進国に生まれたからといって、裕福な生活が保障されなくなります。インドや中国のやる気ある若者やロボットがライバルになるのです。

 

・・・私の今の仕事はほぼ確実に2035年あたりにはITの進化によって必要なくなるでしょう。(がっくし)

正直キャリアチェンジにあたって、今の仕事への未練も少なからずあったことも懸念点のうちの一つだったのですがこの本を読んでその点についてはふっきれました。

 

同様に大量消費ではなく仕事での経験に価値をおく生き方についてもです。

私はこれまで仕事=生活費を稼ぐ為の手段と思って生きてきました。しかし、この本を読んで、お金を稼ぎそのお金を消費することに価値を置く生活でなく、働く事で経験する事に価値をおく生き方もありなんじゃないかと感じました。

 

選択肢として、今の仕事を続けながら趣味でブログなどを更新する事もひとつとしてはあったのですが、むしろそれを仕事にするのもありなのでは・・・・ととても傾きました・・・!

 

年末までにキャリアチェンジするかどうか決めますと中途半端な宣言をして申し訳ないのですが、今はとてもチェンジする気まんまんです。

 

まずは足を動かそうという事で来月は大学院の見学に行ってくる予定です。

 

読書から得られるものは本当に大きい

普段絶対に接しないような仕事をしている方や、年の離れた方の考えや知見をこうやって本を通じて知ることが出来るのは素晴らしい事です。

 

アルコール問題に戻りますが、私は飲酒していたころはとてもじゃないけど読書など全くしていませんでした。お酒を辞めて思考する時間が多くなり、読書量もがくぜんと増えました。

そういった意味でも卒酒はオススメです。

 

大量消費=酒の消費とも捉える事が出来ると思います。

辛くやりがいのない仕事でのストレスを、酒を消費する事でまかなう人生よりも

仕事そのものでの経験自体に価値を見いだせる生き方に出来たらベストですよね。

そうなったらお酒を辞めることもそんなに苦ではないかも。。

 

興味があったら是非一度読んでみて下さい。

 

「私たち一人ひとりにとっての課題は、明確な意図をもって職業生活を送ることだ。自分がどういう人間なのか、人生でなにを大切にしたいのかをはっきり意識し、自分の前にある選択と、それぞれの道を選んだ場合に待っている結果について、深く理解しなくてはならない。

「普通」でありたいと思うのではなく、ほかのひととは違う一人の個人としての生き方に責任をもち、自分を確立していく覚悟が必要だ。」

p372より